Contact Us

Use the form on the right to contact us.

You can edit the text in this area, and change where the contact form on the right submits to, by entering edit mode using the modes on the bottom right. 


Seoul

01034024412

- Materialising the moments -
"Oblivion Terror" x "Craving For Existence" x "Physical Linkage" x "Impermanence" x "Physical Photography"

アバウトミー

<h1>伊藤 悠吾 / YUGO ITO<h1>

<h1>ダゲレオタイプ / 湿板 / 乾板<h1>

<h1>現在、韓国ソウルで活動している日本人写真家。

残したい対象に一度触れた光の粒子(光子)を感光膜面上で物質的に保存し、“Physical Linkge(物理的な繋がり)”を構築し、再び戻ることのできない過去、その”無常”に抗おうとする作品作りを続けている写真家。

その根底には、写真の本質的特徴とは自己の人生の強度を高めてくれることである、という彼の信条があり、

そしてそれは「自身の痕跡を残そうとする本能」は全生物における第一原則であるが、人類だけは認知革命により「忘却の概念」と出会うことになった。それ以降、人類は“Oblivion Terror(忘却恐怖)”に抗うよう、様々な方法で自身の痕跡を残そうと試みてきた。その無意識の集合体の流れこそが写真発明の源泉だ」という彼の信念に基づいている。

だが、写真は存在の客観的確証を担保してくれる、仏教でいう“渇愛”の一つ、「いつまでも生き続けたい。死後も何らかの形で存在したい」という苦の根源である“有愛”の欲を満たしてくれる発明である、と彼自身気づいている。しかし、写真を撮り残したいという自我が求める欲の炎は容易には消せない。

だからこそ彼は、「全ての事物・現象は移り変わり、不変のものなどない。」という諸行無常を理解しようと、時間と共に、自分と共に寂びていく過程を体現し、無常観の美を経験されてくれるダゲレオタイプや湿板写真、フイルム写真などの“フィジカル写真”(デジタル写真と対比して彼はそう呼んでいる)をメインに日々写真を撮るよう努め、自己の矛盾と対峙し続けている。

主にダゲレオタイプや湿板写真などの古典写真技術、そしてフイルムカメラなどで写真撮影を行なっているが、去年の夏敢行した世界一周ウェディングフォトツアーや、その他 日本企業のクライアントなどから頂く撮影依頼に対しては、要望に応えデジタル機器を使用することもある。Airbnb Official Photographer としても活動をしている。<h1>

写真は、撮って半分、育てて半分。


伊藤 悠吾 / ITO YUGO

 

愛知県出身。
1991年、津島市 イトウ寫真舘 4代目 長男として生まれる。

上智大学で経営学を学んだ後、ロンドン芸術大学大学院に進学。
現在は日本・韓国を主な拠点とし、
自作摺り漆大判カメラをメインカメラとし
ダゲレオタイプ】【湿板写真】【乾板写真】等の古典写真技法を用いて
“Physical Photography”をテーマに撮影・活動をしている。

다게레오 타입 /Daguerreotype /ダゲレオタイプ
 
 

MATERIALISM.kr

 
 
MATERIALISMPROFILE(4000-72).jpg

ロンドン芸術大学大学院卒業後、
クラスメートでもあった香港人の写真家と共に、
韓国ソウルで“MATERIALISM”プロジェクトを企画。

古典写真技法で撮影する訪問写真館、乾板技法
の撮影&現像体験イベント、さらには2017
年WTF世界テコンドー大会でのメダリストらの撮影を湿板技法で行うなど、
古典写真技法の周知を目的とした活動を行なう。

左:本人
右:アントニー・シュム → Antonyshum.com

 
 

 

MATERIALISM.jp

 


現在も、MATERIALISMプロジェクトは続いており、
実家であるイトウ寫真舘にて、
ダゲレオタイプ】【湿板写真】【乾板写真】の古典写真技法 全三種を撮影することが可能な
世界初のスタジオをオープン。

イトウ寫真舘 → ito-photo.com

 

 
5words(日).png

 

残したい対象に一度触れて跳ね返ってきた光の粒子(光子/Photon)を感光膜面上で物質的に保存する。それを見る私の目、網膜にその光の粒子たちが飛び込んでくる。すると、その写真を見る私と被写体の間には“Physical Linkge(物理的な繋がり)”が構築される。こうすることで私は、再び戻ることのできない過去、その”無常”観に立ち向かえる気がした。

全生物における第一原則、それは「自身の痕跡を残そうとする本能」である。しかし、人類にはやがて自我が芽生え始め、そして認知革命により「忘却の概念」と出会うことになった。「覚える」「記憶する」ということは、同時に「忘れる」という概念も生まれてくるからだ。それ以降、他の生物とは違い、人類だけは“Oblivion Terror(忘却恐怖)”に抗うよう、様々な方法で自身の痕跡を残そうと抗ってきた。ネアンデルタール人の埋葬の文化もその一つなのだろう。そして、この人類共通の意識の集合体の流れこそが、写真発明の源泉となったと私は考えている。こうして私は、「写真行為」の本質的特徴とは「過去の存在を経験させる力」である という結論に至った。経験の「経験」を果たして人はそれを「記憶」と認知するのである。だから時に人は写真を失ってしまうと、そのもの自体も失ってしまったような感覚に陥ってしまう。これは何も大げさな話なんかではなく、2011年の東日本大震災の際、実際に写真を失ってしまった被災者の方々の間でも、同じようなことが言われていた。

だが、何故人類はこれほどまでに写真に依存することになってしまったのか。その答えを、私は仏教の“有愛”という言葉の内に見出した。それは、「いつまでも生き続けたい。」「死後も何らかの形で存在したい。」という苦の根源である“渇愛”の一つである。写真はそのような自我の欲を満たしてくれる人類史上最大の発明なのである。「写真を撮り残しおきたい」という自我が求める欲望の炎は容易には消せない、なぜなら写真は「私の」「彼の」「彼女の」存在の確証をも客観的に担保してくれるからだ。写真は苦の根源なのかもしれないということに、私は葛藤を感じ始めた。

だが、この葛藤を契機に、私は【ダゲレオタイプ】、【湿板/乾板写真】、【フイルム写真】などの“フィジカル写真”に次第に心を奪われるようになっていった。私はこれらの写真を、デジタル写真と対比させるレトロニムとして“フィジカル写真”と呼んでいる。これらの写真はデジタル写真とは違い、時間と共に、自分と共に、寂びていく“過程”を体現し、無常観の“美”を経験させてくれる。「全ての事物・現象は移り変わり、不変のものなどない。」という“諸行無常”を体現してくれるのである。

こうして私は現在、“フィジカル写真”をメインテーマに、パーソナルな写真も含め、写真を撮り続けている。だけれども私の写真たちはまだまだ若い。人間で言えば、赤ちゃんの肌のように ツルツル と 生き生き としている。この考え・感覚を いま 確かめる方法はない。写真とは、撮って半分、育てて半分。私が老いたころ、孫たちが答えを出してくれることに期待する。

 

 


CV

主な職歴/依頼歴

2017 世界で唯一のダゲレオタイプ&湿板/乾板写真が撮影できる写真館をオープン / イトウ寫真舘, 津島市, 愛知県

2017 第二回乾板写真 撮影&現像 特別体験会 / 文化庭園, ソウル, 韓国

2017 ソウル特別市後援 "ロマンシアター" 音楽朗読劇<甜蜜蜜> 出演者湿板写真撮影 / ソウル, 韓国

2017 第一回乾板写真 撮影&現像 特別体験会, 鐘路文化財団 武溪園 / ソウル, 韓国

2017  WTF 世界テコンドー選手権大会期間中 国立テコンドー博物館で湿板写真の製作 → HERE

2017 "Materialism"  (古典写真技法専門 訪問写真館) / ソウル, 韓国 - 企画者&写真家 → HERE

2016 世界一周ハネムーン / 同行カメラマン → HERE

2016 Airbnb, Inc. エアビーアンドビー / 公式フォトグラファー

学歴
2015 ロンドン芸術大学大学院,
         ロンドン カレッジ オブ コミュニケーション,
          写真科 卒業

2014 上智大学, 経済学部経営学科 卒業

受賞歴
2016 【The Rendering The Spirit show】
            (古典写真技法展) - アメリカ
            - 「選出アーティスト12人」

2015 【Thirty for Thirty】- イギリス
            - 「30人の若手新興アーティスト」

2014 第62回ニッコール写真展】- 日本 - 準特選

2013 第11回 日本写真作家協会】- 日本 - 優秀賞

2013 第17回総合写真展】- 日本 - 優秀賞&秀作

2013 駐日大韓民国大使館主催 フォトコンテスト】
            - 日本 - 入選

2013 スウェーデン大使館&ハッセルブラッド共催
            イノベーティブ・スウェーデン
           フォトコンテスト】- 日本 - 優秀作品

2012 第64回 中日写真展】- 日本 - 入選

写真展
2017 現代ソウル&中国乾板写真展 / 文化庭園,ソウル, 韓国

2017 現代ソウル乾板写真展, 鐘路文化財団 武溪園 / ソウル,            韓国

2016 "The Rendering The Spirit show", グレン エコー
          フォトワークス ギャラリー / ワシントン DC,
            アメリカ合衆国

2015 ロンドン芸術大学大学院 LCCキャンパス 卒業展 /
          ロンドン, イギリス

2015 "Camera Work", レイデンギャラリー / ロンドン,
           イギリス


出版
2015 【Thirty for Thirty】 アートブック / イギリス

特集
2016 DCPhotoArtist // RENDERING THE SPIRIT: INTERVIEW (URL)
2015 ロンドン芸術大学院 LCC 卒業展 // Spotlight on (URL)

定期刊行物
2015 中日新聞写真協会会報, 【ロンドン日記】

主にダゲレオタイプや湿板/乾板写真などの古典写真技法、そしてフイルムカメラなどで写真撮影を行なっているが、去年の夏敢行した世界一周ウェディングフォトツアーや、その他 日本企業のクライアントなどから頂く撮影依頼に対しては、要望に応えデジタル機器を使用することもある。Airbnb Official Photographer としても活動をしている。


ダゲレオタイプ、乾板写真、湿板写真
そしてフィルム写真に使用する
自作摺り漆大判カメラ
(4x5 & Whole Plate & 8x10)